2019年02月04日

パーゴラにツルバラ誘引

パーゴラが完成したので、園芸用のネットを張ります。


パーゴラ網1


このネットがあるとバラの誘引が、楽にできます。


パーゴラ網2

こちら側には、タマカズラの定植


パーゴラ網3


反対側には植えてあったロイヤルジュビリーの誘引

手前の穴は次に到着する、ムンステッドを植える準備です。



低い柵1


大きな所がかたずいてきたので、バラの誘引をしながら最終の柵にかかります。

低い柵2


思いのまま椿を囲うように、低い柵を設置します。

あまり高い塀にすると日当たりが悪くなるので低くしました。

この椿の木は大きくなるとバラの塀より背が高くなるでしょうね。


この薄桃色の花がいっぱいに咲のも楽しみですね。





ninuha at 18:19|PermalinkComments(0)

2019年02月01日

パーゴラ完成


大壁ができたので、パーゴラに進みます。

 

パーゴラ

 

柱がしっかり立ててくれてあったので、ここからの作業は簡単です。

 

パーゴラ全体

 

全体像ですが・・・・・・なんかすっきりしちゃったのは・・・・?

 

 

タコ足アダン

 

台風被害で折れて危ない状態だった、タコ足アダンを切りました。

 

 

足がいっぱい出ていたので、手ノコできるのは大変でした。

 

最初のイメージよりずいぶん大きくなる植物でした。

 

おまけに棘の大きな葉っぱがバサバサ落ちてくるし、食べられないのに大きなパイナップルのような実もズドンを落ちてきてとっても危なかった。

 

奄美らしくてよかったけれど迷った挙句に、撤去することにしました。

 

この足部分は根っこですが、頑丈で抜けません

 

でも2~3年のすると自然にスカスカになって、消滅していきます。

 

 このパーゴラにもツルバラを絡ませます。

それができたら、最終の囲いの低い柵を作ります。

ブロックの立ち上がり部分に固定の金物をセメント固定しないといけませんね。

天気は回復したらセメント作業が待っています。



ninuha at 10:43|PermalinkComments(0)

2019年01月22日

風抜き窓設置

プルメリアの椅子ができたので、大壁に取り掛かっています。


大壁斜め

刻んでペイントしてあった壁板を取り付けました。

ここは風の抵抗が大きい場所で、怖いので風の通り窓を付けます。



廃材

またしても廃材木工です。


変成シリコン


再生材にはビス跡などの傷があるので、これで補修します。

以前は現場で使う大きいシリコンコークを使っていましたが、
しばらく使わないと中で固まって不便でした。

このチューブタイプを見つけてからは、ちょこちょこ使ってもしっかりキャップを閉めて置けば固まらずとっても使い勝手がいいです。

手に付くとなかなか取れないのはどちらも同じですが、腐れ防止には手軽です。


乾いたら下地シーラーを塗って,水性ペンキで仕上げます。


窓枠

ただいま一回塗・・・・・下地の色が浮いていますね。

奇麗に仕上げるときは最低3回塗り、今回は裏側なので2回にします。



大壁完成


夕方までに大壁とサイドの壁が仕上がりました。

サイドの壁にはスチールネットを張って、クレマチスを絡める予定

クレマチスのビオラ:プリンセスケイトの二株を、大鉢仕立てにしてあります。


思いのまま椿

バラ庭ですがとってもお気に入りの(思いのまま)という名前の椿も植えています。


椿

定植3年目ですが、初年度からかわいい花をつけています。


トップバッターにはイチハツが咲いて、椿・キルタンサスが咲くころにはタンカンの収穫

タンカン畑に甘い香りの白い花が咲くころには、奄美はもう春真っ盛り


短い冬の大工作業は急ピッチで進みます。




ninuha at 13:31|PermalinkComments(0)